しろんのボヤキブログ

RPG制作と更新まとめブログになります。

へんな夢を見た

 

なんかSMAPの中居君の家に招かれたんだよね。

隠れ家的な家ね。

THE和って感じで、おごそかな雰囲気。

中居君は神妙な面持ち。出迎えてくれたのは数名の女性・・・

顏は思い出せない。

 

なんか床は鴬張りになってて、歩く度にきしむ。

で、でっかい部屋に通されたんだけど、畳の部屋に一人のおじいさんが寝てた。

かなりの年みたい。

 

中居君のお父さんは亡くなったみたいだし、おじいさんというのは年齢的にあれなのかなぁ。

まぁ知らないから100歳以上で生きてるのかもだが。。。

 

おじいさんは僕を見るなり起き上がり、何かつぶやくも聞き取れない。

そして僕の背中に何か筆で書き始めた。

 

何て書かれたのかは解らないけど・・・

 

 

 

んー一体なんだったんだろう。

夢は記憶の整理といわれてるけど、あのシチュエーションは記憶にないんだがなぁ。

何かの暗示なのかなぁ。

 

 

ん~謎だ。