しろんのボヤキブログ

400文字以下でSEO効果があるのかどうか検証するブログです

めちゃんこ面白い映画を紹介する( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

漢字表記は避けますが、「さつ人犯」

香港映画なのかな?日本語の翻訳は残念ながらないです。

どうやら僕は知らないだけで、類似作品があるということで、

それを知ってる人の評価と、知らない人の評価ではわかれると思います。

 

僕は類似作品を知らなかったので、大いに楽しめました。

(類似作品についてはネタバレになりそうなので伏せておきます。

この作品の感想をググればすぐに解ると思います)

 

この作品は2010年のものなんですね。

見たきっかけはニコ生プレミアム会員限定放送でした。

 

最初は流し見程度にするつもりが、その面白さに引きこまれて、

いつの間にか釘付けにされてしまいました。

 

■謎の犯人

電動ドリルで無残に始末する連続猟奇事件・・・

主人公はその犯人を追っていたのですが、ある日またも事件が発生!

 

なんと、今回の被害者は主人公と同僚!

主人公は軽傷で済んだものの、同僚は傷だらけの上、ビルから落とされ、

意識不明の重症を負う。

 

手がかりは、何故か軽傷で済んだ主人公。

しかし、主人公は頭を殴られたショックからか、当時の記憶がまるで思い出せない。

一体どうして、あの場にいたのか?

誰が犯人なのか?

 

 

■事件を追うごとに明らかになる自分自身への容疑

これはネタバレというか、早い段階から解ることなのですが、

真相を追う中で、出てくる凶器や、場所・・・さまざまな物が、

主人公自身を犯人だと指し始める。

 

これに気づきだした主人公は、まさか自分がやったのか?と疑い始め、

証拠を消し始める。もちろん警察にこの事を言うわけにはいかない。

主人公は一人で事件解決に乗り出すのだが・・・

 

 

・・・・・

・・・

 

といった感じで物語が進んでいきます。

主人公は二重人格なのか!?

はたまた、主人公に罪を着せるため誰かが犯行を続けるのか!?

 

もう凄い以外な結末というか、類似作品を知らなかった自分には衝撃でした。

とにかく面白かったです。

ネタバレを見たあとも、もう一度見たい感じですね。

 

 

 

 

小栗旬の主演映画です。

隣人13号!!

これ原作は漫画なんですね。

 

これまた面白い( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

2005年・・・・いまから10年前の映画なのですがいい味出てました。

 

これはミステリーとかではないので、特にネタバレ要素はないのですが、

主人公の村崎十三(小栗旬)は小学生時代酷いイジメを受けていた。

それは壮絶なもので、顔に硫酸までかけられる始末・・・

 

常軌を逸したイジメを耐え抜き大人に成長した十三は、10年越しの復讐を仕掛ける。

建築現場で働き始めた十三はボロアパートに住むのだが、

10年前いじめていた主犯・赤井はアパートの上の階に住み、

職場も同じという・・・これは十三が狙ってそうなったのかは、

流し見してたのでわからないが、とにかく一緒に働くことに。

 

赤井は十三の存在をすっかり忘れていて初対面のようにふるまう。

そしてイジメっ子気質は10年経った今でも変わってはおらず、

新入りの十三をいじめだす。

 

十三にはヒミツがあった。

実は彼には別人格である13号という凶悪な存在がいた。

怒りが頂点に達すると彼が表に出てきてしまう・・・。

 

13号役は中村獅童・・・これがめちゃくちゃ恐い!!

ビジュアルは幼い頃かけられた硫酸で顔の半分がとろけてて、

目は真っ白・・・もうそれだけで恐いのに・・・

キレるとメチャクチャ恐い。

 

怒鳴るとかそういう恐さじゃなくて、めちゃくちゃ早口で高い声でまくし立てながら

攻撃し続けるその異様さ・・・めちゃくちゃ恐い(((( ;゚д゚)))

 

でも十三は13号になりたくない一面もあって、自分自身と戦うんだけど、

そこらへんも見所かもしれないですね(((( ;゚д゚)))

 

どっちもかなり面白かったので1度は見てみるといいかも。

それにしても赤井のDQNっぷりがひどすぎたw