しろんのボヤキブログ

400文字以下でSEO効果があるのかどうか検証するブログです

夏といえばホラーでしょ!ということで最近見たホラー映画を紹介する

 

フッテージ(((( ;゚д゚)))

2012年の映画で、今年の8月にアメリカで続編のフッテージ2が公開されます。

ネタバレにならない程度で紹介しましょう。

 

主人公の男・・・↑のパッケージの人が作家なのね。

 

実際に起きた未解決事件を取りあげ、

事件の真相に迫っていくノンフィクションを書いてて、

一度は事件解決につながり、一躍時の人になってたこともあったんだけど、

それ以降は鳴かず飛ばず。

 

そういう経緯もあってか、次こそは一発当てると意気込む主人公。

家族の反対を押し切り、一家が惨さつされた家に引っ越すとこから物語が始まる。

もちろん引越し先が惨劇の場所だとは家族は思いもしない。

 

知ってるのは地元の人間と、主人公だけ。

 

主人公は引っ越してきた家の中で8mmフィルムを発見。

これを見てみると、そこにはおぞましい惨劇の一部始終が・・・

しかも、1本だけじゃない・・・

真相に近付く中、徐々に奇妙な出来事が一家を襲い始める・・・!

 

 

最初はサスペンスかと思いきや、内容はオカルト的なホラーでした。

さほど怖くはないけど、ひきつけられる魅力はありましたねー。

 

 

ATM(((( ;゚д゚)))

 

残念ながら日本語訳もない、字幕オンリーの映画です。

まぁようするにそういうことです。

B級映画ってことかな。

 

こっちはオカルトではなく、サイコパスというかなんというか。

犯人の目的も何も解らないまま、主人公達が襲われるという話。

 

主な登場人物は、主人公と、その同僚2人。

一人は美人さんで、もう一人はクズが服を着て歩いているような男w

 

主人公と同僚女性の距離が縮まるクリスマスの夜、

主人公は彼女を家まで送っていく事に。

 

そこに、お邪魔虫のクズ同僚が登場。

ここまで空気が読めないヤツを僕はしらない。

 

自分も家まで送ってくれと言う。

さらには車内で腹が減ったとわめき、

今度は金がないからとATMによれといい、

さらにさらにATMで金が下ろせないといい、仕方なく主人公もATMへ。

で、一人車内に残るのも嫌だった女性もATMへ入るんだが・・・

 

外に一人の男の影が。

フードを被った巨体・・・じっとATMの中の三人を伺っている。

舞台がアメリカなのかわからんけど、銃社会なのは間違いない。

警戒する三人。

 

夜中の二時になぜ・・・。

そうしてる間に、犬を散歩させてる男が通りがかった。

謎の男は散歩中の男をめったざし・・・こいつはヤバイ!!

 

ATMから車までは距離がある。

携帯は車の中・・・外にはさつじん鬼・・・

完全に身動きが取れなくなった・・・って感じの話。

 

とにかく不気味。

犯人は顔が見えないし、一切喋らない。

時折姿を隠したり・・・裏口で中の話を盗み聞きしたり・・・

でも決してATMの正面入り口には近付かない。

 

気温ー20度の中、寒さとの戦いもあり、極限状態の闘いが始まる。

 

 

まぁ突っ込みどころも多いんだけれど、それでもかなり釘付けになった。

人によっては、あまりのじれったさにイライラを止められないかもだけどw

最後までみちゃいましたねー。

 

オススメです。